消費者金融のデメリットとは?

早くて便利な消費者金融。
しかし、デメリットもあります。

 

総量規制が開始されてから利用しやすい金利になっていますが、銀行のカードローンと比べると高めの設定になっているということです。
消費者金融のデメリットは、金利が高いことです。

 

消費者金融には銀行のように資本がないので、高額の融資を長期に渡って貸し出すことはできません。
また、お金を貸す以外に商売がありません。

 

利益は、貸したお金からの利子からでしか得ることができないのです。
従って、どうしても金利が高めになってしまうのです。

 

ではどれくらい金利が違うのか、消費者金融のキャッシングローンのと銀行のカードローンの金利を具体的に比較してみましょう。

 

  • アコム

実質年率:4.7%〜18.0%
利用限度額 :1万円〜500万円

 

  • プロミス

実質年率:4.5%〜17.8%
利用限度額:1万円〜500万円

 

  • モビット

実質年率:3.0%〜18.0%
利用限度額:1万円〜800万円

 

  • 三井住友銀行カードローン

実質年率:4.0%〜14.5%
利用限度額:10〜800万円

 

  • みずほ銀行カードローン

実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:10〜1,000万円

 

  • 楽天銀行スーパーローン

実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円

 

※実質年率には最低実質年率と最高実質年率があります。
金利を比較するためには、融資金が最低金額の時に適応される最高実質年率で比較していくのがよいでしょう。
(○%〜△%となっている場合、△%にあたるのが最高実質年率です。)

 

プロミスは消費者金融の中でも比較的金利が安いことで知られています。
そのプロミスであっても、最高実質年率は17.8%となっています。

 

それに対して、三井住友銀行が14.5%、みずほ銀行が14.0%となっているのです。
上記のように、銀行のカードローンの金利の方が明らかに安いことがおわかりでしょう。

 

ちなみに、消費者金融のキャッシングローンの平均金利水準が5%〜18%程度。
それに対して、銀行カードローンの金利水準は3%〜15%程度となっています。

 

迅速な対応でとても便利な消費者金融のキャッシングローンではありますが、多額の融資を長期に渡って借りることには向いていないといえます。