消費者金融と銀行 どっちがお得?

消費者金融のローンと銀行のカードローン。
この2つを比較すると、銀行のカードローンからの借入の魅力は低金利で、高額の融資を受けることができるいう点です。

 

一方、消費者金融のローンは何でも迅速に対応できることが最大の魅力であるといえます。

 

銀行のカードローンの魅力とは?

 

銀行からの借入のメリットといえば、低金利で高額の利用限度額の借入が可能なところです。
では、具体的に消費者金融の金利と限度額を比較してみましょう。

 

  • アコム

実質年率:4.7%〜18.0%
利用限度額 :1万円〜500万円

 

  • プロミス

実質年率:4.5%〜17.8%
利用限度額:1万円〜500万円

 

  • モビット

実質年率:3.0%〜18.0%
利用限度額:1万円〜800万円

 

  • 三井住友銀行カードローン

実質年率:4.0%〜14.5%
利用限度額:10〜800万円

 

  • みずほ銀行カードローン

実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:10〜1,000万円

 

  • 楽天銀行スーパーローン

実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円

 

消費者金融の中でも金利が安いといわれているプロミス。
それでも、最高実質年率は17.8%となっています。

 

それと比べると、三井住友銀行が14.5%、みずほ銀行が14.0%となっていて、銀行のカードローンの方が明らかに低金利であることがわかります。
さらに、上記の銀行においては利用限度額が800万から1000万円の設定が可能であることにも注目したいところです。

 

消費者金融の魅力とは?

 

ところが、銀行のカードローンには大きなデメリットがあります。
それは、審査に時間が掛かることです。

 

銀行のカードローンの審査には最低2日はかかるといわれています。
それに対して、消費者金融の業界最速審査時間は30分。

 

これによって即日融資が可能となっています。
通常14時までに契約が完了していれば、申し込んだその日に融資金を手にすることができます。

 

お金の借入が必要な時は、急を要することが多いものです。
そんな時に即お金を用意することができるということは、何よりの魅力であるといえます。

 

上記のように、2つの金融機関にはメリットとデメリットがあります。
何を最優先すべきなのかをよく考え、上手に利用しましょう。