おまとめローンを利用するなら消費者金融?それとも銀行?

たくさんの借金で完済ができない。
月々の返済で生活が苦しい。
こんな借金の悩みを抱えている方もいるでしょう。

 

一時的には、お金のない時などにはとても重宝するキャッシング。
ところが、借り過ぎてしまったり、生活状況が変わったりしてしまうと、返済がうまくいかなくなってきてしまうことも起こり得ます。

 

そんな時の救済策、それが「おまとめローン」です。

 

おまとめローンとは?

 

おまとめローンとは「複数の借金を一つにまとめること」です。

 

このローンを利用することによって、月々の返済負担金を減らして今後の返済を楽にすることが可能となります。
そのために重要なのが、「より低金利なおまとめローンを選択すること」です。

 

おまとめローンの仕組みとは、まず1社からおまとめローンとして複数の借金の総額金を融資してもらい、その融資金で借入があった複数の会社へ全額返済します。
そして、返済義務が残るのはおまとめローンで融資を受けた1社だけになります。

 

おまとめローンに銀行ローンが有利なわけ

 

消費者金融でもおまとめローンの場合には総量規制の借入制限としてはカウントされません
ですから、消費者金融でもおまとめローンは利用可能です。

 

では、どちらのおまとめローンの金利がお得なのでしょうか?
大手消費者金融おまとめローンを比較してみましょう。

 

  • アコム 借換え専用ローン

実質年率:7.7%〜18.0%
利用限度額:1〜300万円

 

  • プロミス おまとめローン

実質年率:4.5%〜17.8%
利用限度額:1〜500万円

 

  • アイフル かりかえMAX

実質年率:12.0%〜17.0%
利用限度額:1〜300万円

 

次に、大手銀行のカードローンの比較です。

 

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:10〜500万円

 

  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) ネットローン(プレミアムコース)

実質年率:2.49%〜7.99%
利用限度額:10〜1,000万円

 

  • 楽天銀行スーパーローン スーパーローン

実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円

 

より低金利なおまとめローンを選択するなら、銀行のローンの方が有利であることがおわかりでしょう。