消費者金融の審査項目が知りたい!

手軽に利用でき、多くの人々に利用されている消費者金融。
銀行のローンに比べると、借入条件が甘いと考えられ、審査に掛かる時間も短く、通過もしやすいといわれています。

 

ところで皆さんは、消費者金融の審査ではどのようなことについて調べられるのか、ご存知でしょうか?

 

審査で調査されること

 

比較的審査に通過しやすいといわれてる消費者金融。
しかし、誰でも必ず審査に通過するというわけではありません

 

具体的な審査項目としては、以下の2つについて主に調査されるといわれています。
これらの項目にパスできているのであれば、審査には通過するでしょう。

 

現在の収入について

まず、一つ目の項目としてあげられているのが「現在の収入について」です。
アコムやプロミスなどの大手消費者金融においては「20歳以上の安定した収入のある人」というのが申込条件となっています。

 

つまり、安定した収入源がない方は申し込むことすらできないということです。
従って、安定した収入のない専業主婦や年金生活を送っている方などは対象外となるわけです。

 

安定した収入を証明するためには、源泉徴収票などの書類の他に在籍確認が必須条件となります。
在籍確認をとるためには、勤務先への直接電話をかけての確認が基本です。

 

しかし、消費者金融が企業名を名乗って、勤務先に電話をすることはないので、借金をしようとしていることがバレる心配はいりません。

 

現在までの借入状況について

そして、もう一つの項目としてあげられるのが「借入状況について」です。
これについては、過去から現在に至るまでの全ての借入状況についてが調査されることになります。

 

過去の借入履歴については、ほとんどの消費者金融やクレジットカードの信販会社で共有しています。
これにおいて、延滞や滞納の繰り返し、未完済の借金の記録などが発覚すれば、審査には通過しません。

 

また、現在、他社に多くの借金がある場合にも審査の通過は難しいでしょう。
主な理由としては、総量規制があげれます。

 

総量規制では「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」と定められています。
つまり、他社に多くの借金があればこの規定の借入総額を超えてしまう可能性も高くなるため、新たにローン組むことは難しくなるというわけです。