総量規制って何?

お金の借入には、とっても便利な消費者金融。
この消費者金融とは切っても切れない法律の一つが、総量規制です。

 

消費者金融が現在のように利用しやすくなったのは、総量規制という法律の改正があったからであるともいえるのです。

 

総量規制を理解しよう

 

総量規制とは、2006年に貸金業法の改正に伴って改正された法律のことです。
これによって、消費者金融やクレジットカードの信販会社などにおける金利への規制が厳しくなりました。

 

そして、個人の借入総額に対しての制限が加えられることになったのです。
総量規制の目的としては、大きく分けて以下の2つのことがあげられます。

 

  1. グレーゾーン金利の廃止
  2. 多重債務に苦しむ人たちの救済と保護策

 

一つ目の目的ですが、こちらの「グレーゾーン」について最初に簡単に説明します。
日本には消費者金融などの金利に関して2つの法律がありました。

 

一つ目が利息制限法
こちらでは、元金が10万円以内の場合、年利は20%とされていますが、この法律には厳しい罰則がありません。

 

二つ目が出資法です。
一方、こちらの上限年利は29.2%となっていますが、この法律に違反すると刑罰が科せられます。

 

ところが、低金利設定を要求している利息制限法には罰則がないため、多くの消費者金融はこの法律を守らず、29.2%の年利を採用していたのです。
利息制限法を無視し、多くの消費者金融が起用していた利息制限法と出資法の年利の間の利息帯をが「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

 

このグレーゾーン金利が総量規制によって廃止され、消費者金融やクレジットカードの信販会社における金利が大幅にダウンし、現在の利用しやすい金利になっているのです。

 

二つ目の目的の具体的な対策として決定されている規制としては「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」というものがあります。
これによって、身の丈以上(返済不可能なほど多く)の借金はできなくなり、多重債務に苦しむ人々は減りました。

 

しかし、その一方で必要な時にお金を借りることができずに、逆に苦しい生活を強いられることになった人々が増えたこともまた事実です。
現在の消費者金融やクレジットカードなどの利用限度額は、全てこの法律に則って決定されています。

 

ですから、限度額の引き上げは実質不可能となっています。