主婦だって学生だってお金を借りたい!

以前の消費者金融のイメージは、とてもよいものとは言えませんでした。
お金を借りるのはサラリーマンが主流とされていたため、「サラ金」などと呼ばれ、その当時は「サラ金地獄」なんて言葉も流行っていたほどでした。

 

しかし時代と共に消費者金融は進歩し、現在は簡単で誰でも気軽にお金の借入ができるシステムへと変わっています。

 

主婦や学生も借入が可能に

 

お金を借りたいのは、何もサラリーマンに限ったことではありません。
主婦だって学生だって、お金が必要な時はあるものなのです。

 

そういった需要に応えるべく、大手の消費者金融のほとんどの申込条件は以下のようになっています。

 

「20歳以上の安定した収入のある者」

 

です。

 

つまり、主婦でも学生でも、アルバイトやパートによって毎月安定した収入があれば、お金の借入の申込ができるということです。
ですから、安定した収入を証明することができれば、正社員雇用でなくてもよいのです。

 

ところが、アルバイトをしていても20歳未満である場合には同じ学生でも申込はできないようになっています。
また同じ主婦であっても、専業主婦の方に関しては安定した収入を証明することができないため、借入の申込はできないシステムとなっています。

 

専業主婦や未成年でもお金の借入はできるの?

 

しかし、専業主婦であっても銀行のカードローンであれば収入の有無にかかわらず、法律的にお金の借入の制限はないので申込は可能です。
また、中小企業の消費者金融の中には、学生でも18歳以上であればお金の借入の申込を受け付けているところもあります。

 

未成年でも18歳以上であれば申込ができる「学生ローン」のサービスを設けている企業があります。
大手の消費者金融では借入ができないような顧客の獲得を目的としているのです。

 

未成年者がお金を借りるためには、保護者の同意が必要です。
もし勝手に借金の申込をした場合には、保護者の権限により、その契約を破棄することができるようになっています。
これは民法により決められています。

 

大手の消費者金融が未成年者への借入を行わない理由としては、このような仕組みや手続きが面倒であることがあることが考えられます。
しかしよく考えてみれば、未成年は保護者からお金を借りることを考えるのが懸命かもしれませんね。